六次産業化 促進支援

六次産業化各市町村内で特色ある一次産品を使った六次産業化を支援します。
商品開発から、価格、販路、販促まで総合的に支援していきます。
また、六次産業化そのものの機運を高めるために、勉強会を開催します。勉強会では、六次産業化の概念から成功事例の視察、実際のバイヤーを招聘してのプレゼン研修なども行います。

ニーズ

  • 地域の一次産品を活用した六次産業化商品を開発したい。
  • 出来上がった六次産業化商品を改善したい。
  • 商品は出来上がっているが、なかなか売れないので、販路を開拓したい。
  • バイヤーの探し方、商品の売り込み方を知りたい。
  • 効果的な情報発信のやり方をしりたい。

効果

六次産業化の商品開発に取り組む自治体は増加しており、よい商品も増えてきていますが、販路が限られていたり、商品の改善ニーズに対応できていないことから思ったように売上が伸びていないケースが見られます。
船井総研の六次産業化支援では、商品モニター会の実施による商品改善ニーズの把握や、販路開拓のための販路抽出の方法や、販路開拓に向けたプレゼンテーション演習などによって、個々のスキルを高めることができます。

他社と違うわが社の独自性

・「豊富な事例とネットワーク」

これまでの六次産業化支援実績を活かした適切な事例抽出、バイヤーネットワークを活用します。

・「農家主体の支援スタイル」

あくまで主役である開発主体の農家を中心とすることで、自律を促します。

・「開発から販路開拓までの総合的支援」

商品開発だけではなく、販路開拓のためのツール作りなど具体的なお手伝いまで総合的に支援します。

実績とお客様の声

岩手県J市「六次産業化勉強会」支援業務

今回は、市内の農家さんに向けての六次産業化の機運情勢に向けて六次産業化の勉強会をお願いしました。第一回の事例説明、第二回の視察、第三回のモニター会、第四回のバイヤー向けプレゼン演習と、各回ごとに趣向を変えて開催していただき、機運も大きく高まりました。(J市担当者)

秋田県K市「加工場開設に向けた調査・分析」業務 

K市の特産である枝豆の加工場の開発に向けて調査・分析を依頼しました。特に商品開発後の販路開拓に向けて市内、県内、首都圏と具体的に販路開拓の可能性調査をしていただいた点が参考になりました。加工場開設後にしっかり役立てたいと思います。(K市  JA担当者)

PAGETOP
Copyright © 地域創生コンサルティング All Rights Reserved.