先日、福島県会津地域の公共温泉ネットワーク「Nリーグ」
の研修会に呼んでいただき、講師を務めさせていただく機会が
ありました。
Nリーグは会津地域の14市町村にある公共温浴施設の、情報
交換や地域振興を目的とした集まりで、NはニューヨクのNな
のですが、なかなかユーモアの効いた人たちで、愉快な時間を
過ごすことができました。
 全国に公共温泉はたくさんありますが、組織化して活発な活
動を行っているところは多くはありません。考えようによって
は、温泉施設同士ですから競合関係でもあるわけで、同一業種
での集まりというのは、難しい面もあるのかも知れません。
しかしNリーグでは、入浴割引の共通パスポートの発行や、ニ
ューヨクタイムズという新聞の発行、各種イベントなど、さま
ざまな形で協力しあい、実際に成果をあげているのです。
 ここでふと思ったことは、そこに住んでいる人たちは、「自
分たちの町をまちおこし」と考えますが、訪れる人や消費者の
視点で考えると市町村での区別は必ずしも重要でなくて、昔な
がらの地名や、地理的な分断要因といったことで地域をとらえ
ていることの方が多いのではないか、ということです。
 まちおこしも、自分たちだけの視点でなく、相手の視点や立
場でとらえることが大切です。もしかすると、市町村以外の単
位で考えることが必要かも知れません。    (望月)
◆会津温泉Nリーグホームページ
 ⇒ http://www.akina.ne.jp/~nleague/